記事リスト

デザインのが豊富

ユニフォーム

機能性重視

ユニホームは様々なシーンで活用されていて、スポーツクラブや職場のユニホームでも使われています。特に仕事上で使用場合は、職場のイメージに合ったデザインにします。スタッフのモチベーションが上がるようなデザインのものを選択することも出来ます。また、仕事をする上で使用する場合は、機能性にも注目します。仕事内容によって求められる機能性が異なりますので、柔軟な対応をしてくれる業者を選んで、オーダーメイドでユニホームを作ると安心です。屋外での仕事の場合は、季節によって素材を変える必要があります。また場合によっては機能性以上に、デザインを重視したほうがよい職場もあります。例えば、接客がメインの仕事であれば、スタイリングの恰好良さは重要ポイントです。オーダーでユニホームを作る場合は、デザインからカラーなど全てオーダーメイドにすることが出来ますので、希望に合わせた仕上がりになります。注文枚数によって一枚の単価が変わる場合もあります。記念ユニホームの重要性が注目されています。実際に労働人口は減っているにも関わらずユニホーム市場は伸びています。社員のモチベーションを上げる効果であったり、福利厚生の一環として捉えたりしています。清潔感のあるデザインであれば企業そのものの印象も大きく変わることから、今までのイメージをリセットする効果も期待出来ます。またリーズナブルな予算で作ることか出来る点も増加傾向にある理由です。

PICK UP

衣類

テレビドラマでブレイク

高齢化社会では医療業界が忙しく、常に医療の現場が見受けられる時代です。医療の現場で働く医師や看護師は、清潔で動きやすいユニホームを着ています。白衣ではなくネイビーが人気で、ドラマの洗練された衣装から評判になっています。

ユニフォーム

ポリエステル素材が最適

清潔感が求められる飲食店のユニホームには、繰り返しの洗濯に耐えるポリエステル素材のものが最適です。また油汚れなどが気になる調理スタッフには、汚れが付着しにくい特殊加工が施されたユニホームをおすすめします。
男性

会社のイメージを表現する

ユニホームを発注する際には会社のイメージを的確に表現する、着る人が愛着を持つことができるユニホームを検討してください。また業務の内容によっては、機能性も重要なポイントになります。在庫が豊富で納品が早い業者にユニホームを発注しましょう。
洋服

ヒアリングが最も重要

電話や問い合わせフォームで、製作会社とコンタクトをところからユニホームの製作が始まります。担当者と業種や業務内容、使用用途や素材、デザインへの要望をやりとりして、サンプルを製作します。サンプルに問題がなければ、工場で生産開始です。