記事リスト

ヒアリングが最も重要

洋服

まずは問い合わせから

従業員ユニホームを注文する場合、まずは電話やウェブサイトの問い合わせフォームから、問い合わせを行います。既製品のユニホームを注文する場合は、問い合わせなしでカタログやウェブサイトから直接注文することもできますが、オーダーメイドやセミオーダーメイドでユニホームを発注する場合は、業種や業務内容、ユニホームの素材やカラー、数量などについての概要を最初に伝えるのが一般的です。問い合わせを行うと、担当者から電話があるので、このときに改めてユニホームに求めるデザインや素材、納期などのリクエストを詳しく伝えます。担当者からの口頭での質問に答えていくだけなので、やりとりは10分ほどで完了します。また、ユニホームの製造会社が地理的に近い場合は、担当者が訪れて面談形式でヒアリングを行うこともあります。ただし、ネットでの注文では、電話や電子メールだけで打ち合わせをすませることも可能です。ユニホーム製造会社では、打ち合わせの内容を元に、実際にユニホームのサンプルを作成します。サンプルは、デザインがイメージ通りであるか、サイズが適切であるかなどを確認するためのものです。サンプルに不満な点や改善すべき点があれば、このときに担当者に伝えるようにしましょう。ただし、製作コスト削減のため、実際にサンプルを作成することはしないで、完成イメージを画像で確認するだけの会社もあります。サンプルやイメージ画像に問題がなければ、工場でユニホームの製造が始まり、納期限までに配送されることとなります。

PICK UP

衣類

テレビドラマでブレイク

高齢化社会では医療業界が忙しく、常に医療の現場が見受けられる時代です。医療の現場で働く医師や看護師は、清潔で動きやすいユニホームを着ています。白衣ではなくネイビーが人気で、ドラマの洗練された衣装から評判になっています。

ユニフォーム

ポリエステル素材が最適

清潔感が求められる飲食店のユニホームには、繰り返しの洗濯に耐えるポリエステル素材のものが最適です。また油汚れなどが気になる調理スタッフには、汚れが付着しにくい特殊加工が施されたユニホームをおすすめします。
男性

会社のイメージを表現する

ユニホームを発注する際には会社のイメージを的確に表現する、着る人が愛着を持つことができるユニホームを検討してください。また業務の内容によっては、機能性も重要なポイントになります。在庫が豊富で納品が早い業者にユニホームを発注しましょう。
洋服

ヒアリングが最も重要

電話や問い合わせフォームで、製作会社とコンタクトをところからユニホームの製作が始まります。担当者と業種や業務内容、使用用途や素材、デザインへの要望をやりとりして、サンプルを製作します。サンプルに問題がなければ、工場で生産開始です。