記事リスト

企業イメージの向上に

ユニフォーム

コスト以上の価値

従業員ユニホームを単なる作業着と考えてしまうと、とにかく安くて丈夫なら良いという基準で選ぶことになりがちです。あるいはユニホームを廃止して私服にしたほうが、もっとコストダウンになるという考え方にも繋がります。しかし従業員ユニホームには、ただの作業着以上の意味と効果があります。たとえば従業員としての連帯感を高め、士気を向上させる効果です。スポーツチームのユニホームや軍服も同じですが、デザイン性に優れた制服は従業員に誇りや企業への愛着を持たせることができます。また特徴のあるユニホームは、社外に対する宣伝効果を発揮することにもなります。デザイン次第で企業イメージを良くすることも悪くすることもありますから、いい加減に選ぶことはできません。昔の画一的なイメージと違って、現在では従業員ユニホームといっても、多種多様なデザインで制作できるようになっています。中には私服と区別できないようなものもありますが、私服として着用できるユニホームの支給は給与と見なされ、課税されるので注意が必要です。企業のロゴなどが入っていて、業務中に限って着用し、職場の全員に支給されるユニホームなら、福利厚生費として非課税にすることができます。私服に似ていてもユニホームはハードな使用に耐え、何度も洗濯できる丈夫さを備えていなければなりません。コストだけでなく機能性や耐久性を重視し、信用の置ける製作業者に発注することが大切です。

PICK UP

衣類

テレビドラマでブレイク

高齢化社会では医療業界が忙しく、常に医療の現場が見受けられる時代です。医療の現場で働く医師や看護師は、清潔で動きやすいユニホームを着ています。白衣ではなくネイビーが人気で、ドラマの洗練された衣装から評判になっています。

ユニフォーム

ポリエステル素材が最適

清潔感が求められる飲食店のユニホームには、繰り返しの洗濯に耐えるポリエステル素材のものが最適です。また油汚れなどが気になる調理スタッフには、汚れが付着しにくい特殊加工が施されたユニホームをおすすめします。
男性

会社のイメージを表現する

ユニホームを発注する際には会社のイメージを的確に表現する、着る人が愛着を持つことができるユニホームを検討してください。また業務の内容によっては、機能性も重要なポイントになります。在庫が豊富で納品が早い業者にユニホームを発注しましょう。
洋服

ヒアリングが最も重要

電話や問い合わせフォームで、製作会社とコンタクトをところからユニホームの製作が始まります。担当者と業種や業務内容、使用用途や素材、デザインへの要望をやりとりして、サンプルを製作します。サンプルに問題がなければ、工場で生産開始です。