記事リスト

テレビドラマでブレイク

衣類

白衣の天使ならぬネイビー

色というのは人の印象を左右することも多く、カラーコーディネーターという仕事もあります。そのためファッションでは色は大事で、洋服を決める時は色でコーディネートします。プライベートはもちろんお仕事でも色は大事で、職場で着用するユニホームにも使われます。例えば医療業界で言うと白衣が定番で、医師も看護師も薬剤師も白いユニホームを着たりします。白は最も清潔感が溢れるカラーであること、また緊急を要する現場でもわかりやすいカラーになります。しかし現代は医療業界で働く人もさまざまで、男性も女性も均等にいることから白が少なくなっています。また最近流行っている医療ドラマの影響で、ネイビーのユニホームが人気になっています。ネイビーのユニホームは性別や年齢を問わない、また清潔感や誠実さや知的な印象も与えてくれます。白衣イコール病院をイメージする人が多く、白衣よりもネイビーのほうが安心感もあります。ユニホームの製作業者ではネイビーカラーが人気で、働いている医師や看護師にも良い利点を持っています。それはネイビーが集中力や冷静さを保つことができ、医療の現場で必要な対応ができるからです。そしてユニホームの製作業者にはワンピース、パンツスタイルなどデザインも豊富にあります。人気の高いデザインはパンツスタイルで、高齢化社会である現代に動きやすさを重視しています。余計なデザインが少なくなっていたり、シンプルでおしゃれに見えるのがポイントです。

PICK UP

衣類

テレビドラマでブレイク

高齢化社会では医療業界が忙しく、常に医療の現場が見受けられる時代です。医療の現場で働く医師や看護師は、清潔で動きやすいユニホームを着ています。白衣ではなくネイビーが人気で、ドラマの洗練された衣装から評判になっています。

ユニフォーム

ポリエステル素材が最適

清潔感が求められる飲食店のユニホームには、繰り返しの洗濯に耐えるポリエステル素材のものが最適です。また油汚れなどが気になる調理スタッフには、汚れが付着しにくい特殊加工が施されたユニホームをおすすめします。
男性

会社のイメージを表現する

ユニホームを発注する際には会社のイメージを的確に表現する、着る人が愛着を持つことができるユニホームを検討してください。また業務の内容によっては、機能性も重要なポイントになります。在庫が豊富で納品が早い業者にユニホームを発注しましょう。
洋服

ヒアリングが最も重要

電話や問い合わせフォームで、製作会社とコンタクトをところからユニホームの製作が始まります。担当者と業種や業務内容、使用用途や素材、デザインへの要望をやりとりして、サンプルを製作します。サンプルに問題がなければ、工場で生産開始です。